パチスロ ストライク ウィッチーズ 天井

パチスロ ストライク ウィッチーズ 天井

危ないなんてぇ」 何想像してるのぉ、と、体をくねらせわざとらしく恥ずかしがる華音にもらったクッキーを食べ終えた優樹は、広げたままでほとんど進んでいないプリントの上に取り皿を置き、大皿に盛っている数種の小さなチョコレートを摘んで取って次々に並べ置いた

「……これ、かわいい

あなたも好きかも:喰霊零 スロット 終了画面
……これが、こうで、こうして、こう置いて」 チョコレートを小皿の上でデコレーションして一人遊びをし出す

あなたも好きかも:仮想通貨 まとめ 2ch
今日は一日中この調子だ

入店してからというもの、落ち着きなく動いて、落ち着きなく食べて、生美も華音も目が離せない

 そんな優樹をチラチラと気にしながら生美は鼻から深く息を吐き出し、ジュースを飲む華音に目を移した

あなたも好きかも:豊橋 オータ スロット
「八月、旅行行くって言ってたわよね? どこに行くの?」「クロアチアァ」 ストローから口を離して答えると、優樹は「ん?」と顔を上げた

「クロアチアって、いいよ

街並みも綺麗だし

海も綺麗だし」「ホントォ? じゃあ楽しみにしておこぉーっと」 うふふっ、と愉快げに笑って「ズズズー」となくなったジュースを吸い上げる、そんな華音から、まだチョコレートを並べ遊ぶ優樹に目を戻した生美は、「ほら、手が汚れてきてる」と、溶けたチョコレートのついた指先を見て紙ナプキンを手元に差し出した

「今日、流と約束してたでしょ? 怒られなかった?」「うん

……たぶん」 表情を読まれまいと首を縮めて顔を俯かせ、ソワソワとチョコレートを並べる、その行動が怪しい

 生美と華音は顔を見合わせて「何かあったな」とため息を漏らし、“呼び出しの理由”を探るべく彼女を窺った

「何よ? 喧嘩でもしたの?」「ううん

してないよ」 隠し立てすることのない口調でサラッと答えたあと、優樹は「……あ」と思い出したように顔を上げ、プチケーキの一つを指先で取って口に入れてからまたチョコレートを並べ遊ぶ

「流君、車の免許、取れたんだって