ネギ坊 パチスロ

ネギ坊 パチスロ

だから……いいんだよ、無理しなくて」 優しい笑みを浮かべる糸原に、優樹は悲しげに眉を寄せた

あなたも好きかも:ぱちんこ 掲示板
――彼の本当の姿を見たような気がした

 何か声を掛けようと、真琴の腕の中で息を吸い上げたが、言葉を発する前に反町が切り出した

「人にはそうやって伝えられるのに、どうして自分にはそう伝えられなかったんですか」 今までの強い口調とは違った静かな声色に、糸原の目が反町へ向いた

「無理することはない、って

ここは特別な場所じゃない、って

どうして自分には言い聞かせてやれなかったんですか」 睨むこともなく悲しげに問うと、糸原は次第に表情をなくし、目を細めた

「キミは何もわかっていないな、反町君」 冷めた視線で告げられ、反町は少し眉を動かす

疑問を孕んだ隣の気配に、大介も怪訝に眉を寄せて糸原に首を傾げた

「何がわかってへんねん?」 反町はおかしなことは言っていないはずだ

あなたも好きかも:vue.js コンポーネント スロット
優樹に言い聞かせるだけの冷静さがあるのだから、自分に対しても客観的に窺うことが出来ればよかっただけのこと

 声色に批難を滲ませた糸原に問うが、彼が答える前に、じっと様子を見守っていた保宅が一歩、前に踏み出した