ぱちんこ ギルティクラウン

ぱちんこ ギルティクラウン

「――だったら都合の良い研究施設と実験体が手に入る環境があるって言ったらどうする?」 アミダエルは目を見開いて、無邪気にニコニコと笑うクルシアを見た

「は? 馬鹿抜かすんじゃないよ、小僧

アタシのことを調べ上げたならわかるだろ? アタシの居場所も悲願を叶える場所もこの世には存在しないのさ!」 クルシアのような発言をしてきた人間は数多くいたが、どれもアミダエルの望むものではなかった

あなたも好きかも:パトレイバー スロット フリーズ
 共に研究をしようと差し伸べた奴は、狂っていると罵り、自分の作り上げた研究成果に期待した連中は、望んでいたものではないと非難し、変わったところでは、治療に使えないかと藁(わら)にも縋(すが)り、場所を提供してくれた者は、その大切な者の残酷な死に精神を病んだ

 どいつもこいつも自分の理想を押し付けるばかりで、誰も認めようとはしなかった

 研究者として求められることは必然ではあるが、自分にも理想とする目的が存在する

 孤独を生きる道を選んだとはいえ、誰かに認めてもらわなければモチベーションが上がらないのも事実なわけだが、長い年月を無理して生きてきたアミダエルにそんなものを発表する機会も、ましてや同士を見つけることは更に困難を極める

 そんな自暴自棄な発言をするとわかっていてか、態度も表情もさほど変わった様子を見せないクルシアは交渉を始める

「まあま、聞いてよ

あなたも好きかも:パチンコ 若葉駅 バイト
君はさ、ヴァルハイツって国は知ってる?」「南大陸にあるデカイ国じゃなかったかい? 亜人共とドンパチしてることくらいしか知らないよ

あなたも好きかも:めぞん 一刻 スロット あなた に 会え て
見ての通りの引きこもりにこれ以上を求めんじゃないよ」 日陰者の研究者は社会に明るくはないんだと、投げやりの返答

「だろうね

だからわかりやすく説明するね

……最近、女王が亡くなったそうだよ」「それで?」「まあその国は亜人とドンパチする傍ら、それを平和的に解決できないかと女王陛下が動いてたんだけどねぇ……」「毒殺でもされたかい?」「うーん、どうだろ」 国のトップの暗殺なんて話こそありきたりなものである