スロット タイガーアンドバニー 朝一

スロット タイガーアンドバニー 朝一

 話し相手がいて、設定の情報を「会話」の形でやりとりすれば、それほど無理せずに「説明」を行なえます

――――――――「昨日の夜、駅前のコンビニで強盗があったんだって」「ホントかよ

あなたも好きかも:コズミック・ボイジャー
いくらぐらい盗られたんだ?」「店員の話だと五万円くらいらしいよ」「コンビニって金ありそうなのに案外ないんだな」「レジの中なんてそんなもんだろうな」――――――――「会話」だけを使って設定を読み手に提示してみました

 いつ「昨夜」どこで「駅前のコンビニで」何が起きたのか「強盗が起きた」が示されています

簡単に「説明」する事ができました

 この「会話」が成立するには「事情通の人物」と「何も知らない人物」との「会話」である必要があります

 双方が知っている内容について書けなくもありませんが少し難しいです

――――――――「昨日の夜、駅前のコンビニで強盗があったんだって」「あ、それ知ってる

確か五万円くらいとられたんだよな」「コンビニって金ありそうなのに案外ないのかな」「レジの中なんてそんなもんだろうね」―――――――― いちおう「会話」は成立しているように見えます

あなたも好きかも:大島宮殿 パチンコ
でも双方が知っていることをあえて「会話」で見せることに少々無理を感じませんか

あなたも好きかも:jackass パチスロ
「事情通の人物」と「何も知らない人物」との「会話」に比べて「いかにも説明くさい」文章になりました

 そこでメディアを利用して設定を読み手に提示する方法があります

―――――――― 俺と兄は一緒に朝食をとりながらテレビを見ていた

〈昨夜、○○駅に程近いコンビニエンス・ストアで強盗事件が発生しました

店内は店員一人だけでしたが、店員にケガはありませんでした

店の話では被害額は五万円ほどだそうです〉「おいおい、うちの近くじゃないか