怨み屋本舗 パチンコ

怨み屋本舗 パチンコ

……昔話をしよう

「昔々あるところに……といってもそこまで昔じゃないんだけど

一人の少年がいました

その少年は特殊な性癖のせいでクラスからも孤立し、独りぼっちになってしまいました

あなたも好きかも:まどマギ スロット 新台 叛逆
しかし、そんな独りぼっちな少年にも遂に理解者が現れたのです

少年は歓喜しました、理解者も歓喜しました

あなたも好きかも:ルパン パチンコ 甘デジ ボーダー
どっちにとっても最高で幸せな関係です

その時から、少年の居場所は理解者達のいる場所になりました」「……あの、昔話をして欲しい訳ではないのですが」「ジルフォンド様

草子様は自分のことを昔話として話しているのですよ」「なるほど、そういうことでしたか

ありがとうございます、ロゼッタ」 あの、ラブラブな雰囲気を出さないでくれませんか、王子様

どうせアンタ裏切るんだろ? 主人公のプリムラの方にころっといっちゃうんだろ

「しかし、その少年の幸せは唐突に幕を閉じてしまいました

あなたも好きかも:パチンコ 釘の読み方
少年はクラス召喚という儀式に巻き込まれ、真っ白な部屋に飛ばされてしまったのです

これから、少年は簡単に命を奪われてしまう危険な世界で生きていかなくてはなりません

しかし、そのために必要なスキルやアイテムはほとんどいいものをクラスメイトに取られてしまい、ほとんど何も残っておりません

……それでも少年は異世界に放り出され、挙句迷宮に飛ばされ……でも、なんとか生き延びました

幸運があったのか何かは分かりませんが、きっと少年には役割があったのでしょう

クラスメイトの糧になれというところでしょうか? クラスメイトと面識すら無かったのに、着火剤になれる訳がありませんよね

まあ、召喚した神様も老害だったみたいですし、きっと大して何も考えていなかったのでしょう