スロット キングジャック

スロット キングジャック

口喧嘩に言い負けたというだけで、思い通りにされるのだけは見過ごせない

あなたも好きかも:パチスロ フィーバー
 そうはさせまいと僕は乱暴に口論をしかける

 動けば拘束されるので、叫んで問い詰める

「いいか、この脳みそ花畑女! ティアラさんは始祖カナミってやつの弟子だった! 家族のように可愛がられていただけだ! ティアラさんにとって師匠は助けたい家族であって、愛している異性なんかじゃない!! 決してな!!」「そんなはずない! ライナーは勘違いしてる! 二人は異性として意識し合っていた!」「勘違いしてるのはあんただ! おまえは自分の感情を、ティアラさんの抱いていた感情だって勘違いしてる! 意識してたのはおまえだ! ラスティアラ、あんた一人だけだ!!」「わ、私一人だけ……!? そんな馬鹿なこと、あるもんか……!!」 ラスティアラは震えながら否定する

 僕の話は信じられないけれど、微かに心当たりがあるようだ

 示された可能性を吟味して、混乱しかけている

あなたも好きかも:リング パチンコ 曲
 しかし、その迷いを見守る時間はない

僕は今日最大の魔法で事態を解決しようとする

「もう時間がない! こうなったら風の繭を張って、強引に――」「魔法は止(や)めろ! ――魔法《ディメンション・千算相殺(カウンティング)》!!」 しかし、その魔法はキリストのよくわからない次元魔法で構築途中で霧散させられる

 僕はキッとキリストを睨んで文句を言う

「ああ、ほんと面倒臭い! なんで止める!?」「いや、止めるに決まってるだろ! おまえ、MPがないから命が削れてるぞ!? もっと自分の身体を大事にしろ!!」 それどころじゃないのに、細かいことをぐだぐだと……! 僕は怒りを露にしていると、その間にラスティアラも動く

あなたも好きかも:パチンコ スロット 競艇
 わなわなと震えて、僕と同じ行動に出る