上前津 スロット

上前津 スロット

そして、穏やかに微笑んでいた

「マリア

君の手には、この世界の命運がかかっているといってもいいのだよ」「はっ……あたしひとりの手にかい? 冗談きついね」「冗談なものか

それに君はひとりではあるまい」「……ああ、そうだね」 色とりどりの花に包まれた童女がこちらを仰ぎ、にっこりとしている

その表情だけで、マリアはいくらでも戦える気がした

あなたも好きかも:生存戦略 パチスロ
「わたしもできる限りの手伝いはしよう

あなたも好きかも:パチンコ グレンラガン
それで、まずはどこへ行く

その情報が示す場所はどこだ?」「それが難問なんだよ」 マリアは、文字情報が羅列された光の板に視線を戻し、眉根を寄せた

苦い顔になるのは百も承知だが、仕方のないことだ

事実、それは難問も難問なのだ

もしかすると、ここで得られた情報が無駄になるかもしれない

「難問? どういうことだ」「ここに書いてあることはあんたにも読めるだろうけどさ、当時栄えていたひとつの国が神様の怒りを買ったって話なんだけどね」 マリアは、光の板に映し出された古代文字を目で追いながら、アズマリアがすぐ背後に立ち、覗き込んでくるのを察した

あなたも好きかも:ヤマサ スロット アプリ
口で説明されるより、目で見たほうが早いという判断だろうし、実際、そのほうがマリアとしても格段に楽ではある

 アズマリアいわく霊子演算機と呼ばれる情報端末によって引き出されたのは、この古代図書館が建造された時代から数百年昔の出来事として、記載されているものだ

「月の神の裁き……か」 アズマリアが、記事の見出しを読み上げて、低く唸った

 記事の内容はこうだ

 去る水帝月、アガシアン大陸南部ミズトロアにて、南北ミズトロアを震え上がらせる大事件が起きた

南部ミズトロアの都市アルガノンが、一夜にして忽然として消滅したというのだ

アルガノンは南部ミズトロアでも大きな都市であったこともあり、アルガノンの消滅は、南部ミズトロアに大打撃を与えることは間違いない