泉南 スロット専門

泉南 スロット専門

効率よく戦う道を探し、力がなければ補い、弱ければ鍛え、ただ一筋に強者となるべく足掻き続け、やがてはディアサウスでもっとも格式のあるバーンズの道場へと入ることを許され、20になる頃にはハイヴァーンの中でも有数の実力者に数えられることとなる

 そして、紆余曲折ありジンライはバーンズの長女であるシンディ・バーンズと夫婦となり、二人の間にジライド・バーンズが生まれることとなった

正確にはジライドが生まれたことで、夫婦とならざるを得ない状況になったのだが、ジンライもその点では責任をとるという選択を自らしたと考えているので、特にそこにしこりはない

 そしてふたりの間にジライドは生誕した

 しかしジライドが生まれた当初こそジンライもバーンズの家に留まってはいたのだが、気が付けば数週間、数ヶ月、数年と家を離れて冒険者として旅に出る期間が広がっていった

 故にジライドは幼き頃から父親の姿を見ることは稀であった

あなたも好きかも:パチスロ 換金の仕方
だが、それでも時折戻る父は厳しく、時に優しく、なにより母が父を慕い続けていて、その関係も円満ではあったのだ

 本来であれば仕事でもなく、ただただ己を鍛える為だけにひとり旅立ち、家に寄りつかぬジンライは父親失格と言われたとしてもおかしくはないし、実際バーンズ家の他の者はそう口にしている者も多い

あなたも好きかも:スロットゴリラ
しかし牙の槍兵という二つ名で呼ばれるほどの父親の背中にジライドは憧れていた

あなたも好きかも:スロット 爆サイ 徳島
確かにまるで顔を合わせぬ父だが、ジライドにとっては誇らしい自慢の父親だったのは間違いなかった

 そして時は流れていく

ジライドもただ父の背中を追うだけの少年ではなくなっていく

いつしかジライドはバーンズの槍術を極め、上級騎士にも任命されることとなる

また飛雷竜モルドと竜騎士契約を交わし、竜騎士団の中でも頭角を現してきたのもこの頃だった

 だが、確かに強くなったジライドではあったが、時折戻る父には一度たりとて勝てたことはなかった

どれほど努力しても勝てない

その身体能力も、魔力の量もジライドの方が大きく上回っているにも関わらず、ジライドは父に勝てなかった

 しかし、そこでジライドが卑屈にならなかったのは、父もまた同じ悩みを抱えることを知っていたからだ