プライマル・メガウェイズ

プライマル・メガウェイズ

 そして、つまりこれは――「陽滝が僕を見失った……? 大丈夫かな」 僕と陽滝の『繋がり』が絶たれたということになる

 間違いなく、それを妹は敏感に察知しているだろう

あなたも好きかも:東浦和 パチンコ バイト
「いや、構わない

……行こう」 僕は神官さんを諦めて、急いで下に向かっていく

 狭く薄暗い階段を降り切り、蝋燭だけの回廊を歩き、いくつもの頑丈で重々しい扉を開けて――僕は辿りつく

 大聖堂の最奥にある石造りの部屋

 灯りは蝋燭一つだけだった

あなたも好きかも:アメブロ スロットシグマ
 中央にあるベッドも一つだけ

 そして、そのベッドには一人、少女が眠っていた

 一冊の本を両腕で抱えて、とても静かに

 すぐに僕はベッドに近づき、その少女を視界に入れ――その瞬間、顔を俯ける

「…………」 《ディメンション》は使わず、瞳は足元の床に向けて、喉奥から声を出す

「少しだけ、期待していたけど……

そうだよね……」 眠っている少女は、胸に穴が空いていた

 凄惨で生々しい傷だ