猪木 スロット 終了画面

猪木 スロット 終了画面

「先程の威勢はどうした、防戦一方か女ぁっ!」「――っ、甘く見るなっ!」 十発目の蹴りを防御した瞬間、イリアスが反撃を開始する

新たなパーシュロのスタイルに順応してきたようだ

……だが、そう甘くもないか

両手を叩き合わせる

「――イリアス、さがって!」「甘く見るなだぁっ!? 甘いんだよ、死ねやクソボケがぁっ!」 パーシュロは拳をイリアスに向けて突き出す

届く距離ではないがウルフェの警告に何かを感じ取ったのか、イリアスは素早く距離を取る

 瞬間、イリアスの居た場所に黒炎が放たれた

あなたも好きかも:パチンコ ケイズ 大 高
拳、蹴りと来て次は放出に切り替えてきた

あなたも好きかも:スロット 出ない
「うわぁ、多機能ですねぇあのパーなんとかさん」「パーシュロな

だが本当に厄介な奴だ」 戦闘は激しさを増していく

あなたも好きかも:四街道 パチンコ店
パーシュロとイリアスが交互に攻め、ウルフェが隙を狙う

だがパーシュロへの有効打が生まれない

生み出すことができない

 イリアスの戦闘センスの高さは確かだ

数合打ち合うことでパーシュロの動きに慣れ、防御から攻撃へと転じていく

だがイリアスが攻めに転じきろうとすると、パーシュロが攻め方をガラリと変えるのだ

 まるで炎使いのように炎を操り放出したと思えば炎の剣を作り出し騎士の如く斬り込む

炎の剣に慣れたと見るや両腕に炎の爪を発生させ新たな格闘スタイルで攻める

常に新しいスタイルだけではなく、時折過去に見せたスタイルに戻したりとその変化はまるで読めない