パチンコ 失業

パチンコ 失業

 そんな険悪な空気の中

 差し出された茶を啜ってリフは口を開いた

あなたも好きかも:ヨーデル パチンコ ばくさい
「マヤさんをボクの国に招きたい」「お断りだね」「ううん」「本人が願わん限りはな」「断られちゃったし」「なら諦めてくれな」 タガネは笑って話を切り上げんとした

 すると、リフが一枚の書状を差し出す

 タガネは卓上に置かれた紙を胡乱げな目で見る

「…………」「マヤさんを保護したい理由」「保護したい、理由」「薄桃色の髪に漆黒の角、高い戦闘能力」「…………それが?」「あの子は厳密に鬼仔じゃない」 リフが力強く断言する

 薄桃色の髪に漆黒の角――それが何の徴憑になりうるのか、タガネには皆目見当もつかない

あなたも好きかも:スロット ラブ嬢2 逆指名
 鬼仔で無いというのも疑わしい

 それ以前に

 鬼仔で無いならなおさら保護する理由が無い

 リフは鬼仔の立場改善に尽くしている

 その為の政治的活動を行っているのも風の噂で聞き及んでいた