pulsar スロット 天井

pulsar スロット 天井

友人達も気を使って、その間は来ないと言うが…パスカルの熱の込もった視線が怖いので、来てもいいのよ? その日の夜

きょきょきょ今日から、パスカルと同じベッドで眠る、のか…!! わたしが寝巻きでベッドの前で立ちすくんでいたら

後ろからポンと肩を叩かれて飛び上がってしまった

「おっぽぉあーーーっっ!!?」「相変わらず変な叫び声を…可愛いなあ、シャーリィは」 ひ、ひい…!シャワーを浴びたパスカルが、後ろから抱き付いてきた…! そんでベッドの上に座らされ…彼はわたしの上に跨った

こ、心の準備が!!「んー?…熱い初夜を過ごそうって、言ったよね?」「待っ…ん、ぅ!」 静止など一切聞かず、わたし達は唇を重ねる

初めてではないとは言え、これからする事を考えると…顔に熱が集中してしまう

 長く口付けをしていたと思ったら、ふいにパスカルが離れた

あなたも好きかも:パチンコ 目押しなし
唇をペロっと舐める仕草がエロい!!何より、その熱い目が若干怖い

あなたも好きかも:パチンコ 伊東市 優良店
「ああ…本当に、可愛い

シャーリィ、シャーリィ

 たった2週間しかないけれど

その間は…俺だけを見つめてくれ…」 あー…もう、どうにでもなれい

あなたも好きかも:池袋 スロット 換金所 徒歩
「お、お手柔らかに…お願いします」「それは約束出来ないなあ」「ひえ…!」 わたしの反応にパスカルは悪戯っ子のように笑った

「ところで」「?」「結婚したら…着てくれるんだよね?」「……………………」 彼がベッドの脇から取り出したのは…例のセクスィ〜なナイトドレス

はい、言いましたね…! わたしが観念したように項垂れると、彼はくすりと笑う

 そして…優しく肩を押されてベッドに押し倒され

胸元のリボンを引っ張られる