旦那 パチンコ イライラ

旦那 パチンコ イライラ

「え、まじか! こんなに若いのか!?」「本当だって! あの日、俺はヴアルフウラいたから間違いない! 試合んときとは全然雰囲気が違うけど!!」「サイン! サイン貰わないと!!」 つ、次があれば、もっと上手くやろう……

 これからはこういう扱いをされるのに慣れないといけないのはわかっている

それどころか、もう取り返しがつかない以上は、この立場を上手く利用する方法を考えたほうがいいってのもわかってる

あなたも好きかも:和泉多摩川 パチンコ タカラホール
 ただ今日は、まだ心の準備が足りなかった

あなたも好きかも:lounge オンラインゲーム
「ふははははー! みな、びっくりしたようじゃのー! これからは気をつけるように! こちらのかなみんは、ぬしらの上司様じゃからな!!」「ふふふっ! そうよ、次からは気をつけなさい! カナミ君の心は広いけれど、私たちのトップなんだからね! 生意気な口を利けば、減給よ!!」 僕の性格をよく知っているはずの二人が、しおらしくなっているギルドメンバーをからかい続ける

「……テイリさん、もういいでしょう

とりあえず、静かに話せる部屋までお願いします

あなたも好きかも:パチンコ 壁 崩壊
ほんと、まじでお願いします」 もうやめてと、かなり本気で頼み込む僕だった

「あ、ごめん

ちょっと遊びが過ぎたわね

最近、仕事が多くてストレス溜まってたの

本当にごめんね、マスター」 その真剣な表情を見て、テイリさんはやりすぎたと反省してくれた

やはり、少し趣味は変だが、彼女はできた人だ

頼れる大人の女性なのは間違いない――が、問題は僕の仲間のほうだった