nv カジノ

nv カジノ

「……ずっと、……行けなかったから

あなたも好きかも:ルーレット 確率 アプリ
……、先輩たちに会いたくても、会えなかったから……」 ――この一ヶ月近く、こいつを部室に近付けなかった

とても大きな問題を抱えていたから

脅迫状まで送られてきて、オレたち自身も、正直、少し怖かった

そんな思いをこいつにさせちゃいけない

そう判断して、巻き込まれないようにと遠ざけた

 寂しい思いをするだろうってことはわかっていた

でも、こいつはオレたちの大切な妹分だ

みんながかわいがっている

傷付けるようなことはしたくなかった

あなたも好きかも:偽物語 スロット おめでとう
 オレは、間を置いて笑いかけた

「ああ、もう来ていいぞ」 すぐに上げた顔が輝いていた

あなたも好きかも:シンフォギア 音量調整 パチンコ
……なんて単純なヤツだ

そう思うと、おかしくて、笑えてきた

なんだよ、そんなに嬉しいのか?」「うんっ

嬉しいっ」「言っただろ、ちょっとの間だけだって」「ちょっとって……、一ヶ月だもんっ」「悪かったよ」 拗ねるように怒る頭を、オレは軽く撫でた

「ややこしかったからな

おまえに何かあったら大変だし

オレ、それこそ真理乃さんに怒やされるよ」 苦笑してみせたけど、なかなか機嫌が直らない