パチスロ ウルトラセブン 評価

パチスロ ウルトラセブン 評価

それはこの男の話ではない、康太の話だ

これ以上この行動を続けさせるのはまずいように思えたのだ

倉敷は喋ることはせずに、文の肩を軽く叩き、康太の方に視線を向けてまずいんじゃないかとアイコンタクトをする

だが文は首を横に振る

このままでも問題ないというより、これを止めてはいけないと思っているのだ

このままでいいとは思わない

だがこの行動こそ康太には必要だとも思っていた

あなたも好きかも:デッドアライブ スロット
「違う、俺の聞きたい言葉じゃない」文と倉敷の気持ちなど知らないというかのように、康太は引き続き魔術師を拷問し続ける

あなたも好きかも:けものフレンズ スロット
いつまで続くのかもわからない、いつまで続けるのかもわからない、何が終わりになるのかもわからないそんな中で、康太の声と魔術師の悲鳴だけが部屋の中の唯一の音となっていた

悲鳴を一つ二つと続けるたびに、魔術師の命乞いを一つ二つと受けるたびに、康太はその体を少しずつ削り取っていく

その体がなくなるか、康太が望む答えを告げるまで、おそらくこれは続くのだろうとその場の全員が理解していた

どれほどの時間が経過しただろうか、魔術師の体はすでにかなり削られてきている

腕は上腕部分まで、足は太ももまで削られ、ほとんど体を動かすこともできない状態にさせられてしまっていた

それでも痛みによって苦悶の表情を浮かべ、すでに見えなくなった目で何かを見ようと、眼球を動かそうとする動きがあった

「ぁあ・・・ぁああぁ・・・ぁああぁあああ」「違う、俺の聞きたい言葉じゃない」もはや悲鳴とうめき声しか出せなくなってきている魔術師にも、康太は変わらず言葉を返す

正気を失うことができないようにアリスが精神を操っているにも関わらず、この男の精神状態はかなり不安定な状態になってしまっていた

通常の状態であれば発狂し、二度と元には戻らないところだろう