パチンコ サムライブレード

パチンコ サムライブレード

思わず周囲を見回してしまいたくなる衝動を律し、ネアは小さく頷くと、ぐぐっと背筋を伸ばした

首筋がちりちりとするような気配に、何か良くないものが迫っているのだろうかと思うものの、シェダーは穏やかな微笑みを崩さずにいてくれるので、どうにかしてくれそうだなという不思議な安心感もある

あなたも好きかも:スロット 銀と金 終了画面
(…………それに、いつの間にか擬態してるわ)何時の間にやらシェダーは藍色の髪の男性に擬態していた

すっと手のひらを水平に動かされたのは、そのまま止まらずに歩くようにということらしい

あなたも好きかも:オールイン パチンコ
先頭を歩くゾーイは、気にした様子もなくのんびりと歩いているのだが、先程までの退屈しきった様子とはまるで違う、どこか愉快そうな気配が伝わってくるので、この異変に気付いていないということでもないようだ

少しだけ歩くその間に、ひゅっと黒い影のようなものが太陽を翳らせた気がした

あなたも好きかも:らんま2分の1 スロット
元々、森の木々に陽光が遮られているので、影が揺れるのは気のせいと言えないこともなかったが、何か大きなものが空を飛んでいるのかもしれない

もしや、先程の海竜かなとも思ったが、シェダーとゾーイの表情を見る限り、あの海竜が帰って来てしまったとは思っていないようだった

ざわりと、木々が揺れる

決して風のせいではないその軋みに、足を止めて身構えてしまいそうになった

「……………ネア、もしかして足が痛いのか?」「………………む

…………はい、ちょっと」不意にシェダーにそう話しかけられ、一瞬首を振ろうとしてから、ネアは慌てて頷いた

何か動きをつける為の口実なのだと察して、伸ばしてくれた手を取る

「ほわ?!」そうして、重ねた手を掴まれてぐいっと引き寄せられたその直後、ざあっと視界にいっぱいに白銀のものが降り注いだ

どどどっと地響きのような音が響き渡る

もの凄い勢いに地面の固く踏みしめられた土が千切れ飛び、道を整えてある煉瓦が砕け散った

(雨、……………じゃない