バカラ シャンパン グラス

バカラ シャンパン グラス

どうせもう私は引退した身だからな」「いや、いくら引退したからといってもね・・・・・・」 そう言って肩をすくめたサリーに、リリカが軽い調子で言った

「フローリア様が良いと仰っているのだから、いいのですよ

それよりも、私にはないのですか?」 リリカは、シルヴィアとフローリアがお茶を口にしているのを見てから、サリーを見た

あなたも好きかも:パチスロ まどマギ 設定示唆
 そのリリカに、サリーがお茶を入れるための道具を指しながら答えた

「お湯は沸いているんだから、自分で入れればいいじゃないか」「はあ

まったく、相変わらずなんですから」「そのセリフ、そっくりそのまま返すぞ」「待て待て

その調子でやられたら、いつまでたっても本題に入ることが出来ないぞ」 また目に見えない戦争が始まりそうになったところで、流石に見かねたフローリアが苦笑しながら止めた

 流石にフローリアに止められて、いつものじゃれ合いを続けるような根性(?)はリリカとサリーには無い

 一度顔を見合わせてから、リリカがフローリアに向かって頭を下げた

「・・・・・・申し訳ありませんでした

あなたも好きかも:大阪 樟葉 パチンコ
どうぞ話を続けてください」「だから、それが固いと・・・・・・いや、いいか

あなたも好きかも:スロット サムライガール
こんなことに固執しても仕方ないからな

好きにするといい」 フローリアは諦めたようにそう言ってから、本題に入った

 話す内容は、リリカにしたことと同じ内容だ

 ただし、サリーには孤児の面倒と同時に、基礎の訓練をしてもらうことも付け加えている

  フローリアから話を聞き終えたサリーは、しばらく考えるような表情になった

「――――ひとつ聞くが、その子たちは、現人神の手足になって働くってことかい?」 サリーが話を聞いて懸念したのは、自分が育てた子供たちが、現人神にいいように使われることになるのではないかということだ