スロット ペロリナ

スロット ペロリナ

「シザー……」 それだけで、シザーはこくりと頷き、そのままするりと、サヤの後を追った

 そしてまた、静寂……

 ……いや……食堂の中は、湯屋を堪能した職人らが、談笑を楽しんでおり、仮小屋へ住む遍歴職人らは、夕飯までの時間を食堂で過ごすと決めた様子で、席で寛いで雑談中だ

 静まっていたのは、俺たちの周りだけ……

「どうしたんでしょうねぇ、サヤくん……」「だから、妬いたンじゃねぇの?」 マルと、ジェイドのやりとりに、エレノラが「そういうんじゃないよ」と、言葉を遮る

「あれは……そういう表情じゃ、ないよ……」「じゃあ、なンだってンだよ」「…………そうねぇ……諦め……が、近い気がする

あなたも好きかも:パチンコ 謎の大工
娼館では、よく見たよ、あんな表情の娘」「……?」 故郷のことでも、思い出したのか……? それとも…………カナくんの……こと……か? そう思い至ると、いてもたってもいられず、もう一度席を立ったけれど、ハインに鋭い声で呼び止められた

「今、貴方が行くのは無駄です」「は? 無駄って、どういう意味?」「今の貴方では、なんの慰めにもなりはしないと言っているのですよ」 怒りを湛え、険悪に輝く瞳で睨まれて、更にわけが分からなくなってしまう……

あなたも好きかも:小金井 パチンコ 新店
 ハインまで……何を怒っているんだ? 輝く瞳が彼の怒りを如実に表現していて、譲る気はない様子

 ハインはどうあっても、俺にサヤを追わせるつもりはないらしい

「まあ、サヤは大丈夫さ

あの子は強いから

護衛だってつけたんでしょ? しばらく頭を冷やしたら、ちゃんと戻ってくるよ

そうしたら、理由を聞いてあげたら良いんじゃない?」 そう言うエレノラにとりあえず頷いて、焦らされる心地でサヤが戻るのを待つしかなかった……