アイアンバスケット

アイアンバスケット

ぎこちない空気に白川と華音も怪訝に顔を見合わせ、反町は深く息を吐くと少し間を置いて切り出した

「みんながいる時に、またちゃんと話すけど……

……オレ、一年ちょっと、海外行くかもしれない

……留学みたいなもン」 立花は「……、はぁっ?」と険しく顔をしかめ、白川はキョトンとして、華音はポカンと口を半開きにする

あなたも好きかも:パチンコ 日の丸グループ
「今年中に進級試験と卒業試験を受けて合格する

……遅くても年末には、ここを離れることになると思う」「嘘だろ!?」 白川が愕然と目を見開いて身を乗り出すと、反町は視線を落として小さく首を振った

「……いずれは行かなくちゃいけないんだ

……その時期が早まったようなもンだよ」「だ、だっておまえ! ゆ……」 白川は途中で言葉を切らした

優樹は何事もないように依頼書を黙々とまとめている――

あなたも好きかも:スロットマシーン
白川の怪訝な表情を視界で捉え、反町は小さく息を吐いた

あなたも好きかも:埼玉 見沼区 パチンコ
「優樹には、もう、前に話してあったんだ」 立花は少し不愉快そうに腕を組んで優樹を睨んだ

「おまえはそれで良かったのかよ?」 まるで喧嘩でも吹っ掛けるような低い声に、優樹は顔を上げ、寂しげに笑って頷いた

「……うん