太陽 パチンコ 厚別

太陽 パチンコ 厚別

 薄暗い外

  景色は何も見えず、小さな虫が飛んでいるくらい

 だからどうという訳もなく、ペットボトルを傾ける

「雪野先輩」「ん?」  振り向くと、パジャマ姿の神代さんが立っていた

 その隣は、渡瀬さんも

「あれ、あなたって自宅じゃ」「ナオの部屋に泊まってるんです

あなたも好きかも:カジノ アミューズメント 東京
その内私も、寮にしようかと思って」「それもいいかもね

私も実家は近いけど、寮に住んでるし」 前の椅子に座る彼女達

あなたも好きかも:アロウズ パチンコ
 私は姿勢を直し、ため息を付いた

あなたも好きかも:ストライク ザ ブラッド パチンコ
「先輩、どうかしたの?」 不安げな表情で尋ねてくる神代さん

 渡瀬さんもお下げ髪を撫でつつ、上目遣いで私の様子を窺ってくる

「ちょっと寝付かれないだけ

二人こそ、寝ないでいいの?」「明日、休みだよ」「ああ、そうか」 今頃気付いた

 ショウの事ばかり考え過ぎていたようだ

「雪野さん、明日予定あります?」「無いけど、どうして」「美味しいパフェのあるお店があるんです」「ふーん」 付き合いではなく、つい笑顔がほころぶ

 彼女達の屈託のない表情を見ていると

「遠野先輩はどう?」「私から連絡する

……ショウ達も呼ぼうか」「たまには女の子だけで」 悪戯っぽく笑う神代さん

 私は安堵感を覚えつつ頷いた