パチスロ 純増 規制

パチスロ 純増 規制

 心を開いて向き合うと決めたら、こういうことをやってしまうやつなのだ

 だからこそ、その本気の提案にスノウは頷けない

あなたも好きかも:エヴァ 2 パチンコ
 先ほどまでの構って欲しいだけの泣き真似は止めて、本気で返す

「それは……そうだと思います

きっとラスティアラ様は私が死ぬまで、私の英雄としてあってくれると思います

でも駄目なんです

そこの席はカナミじゃないと駄目って、私はラスティアラ様に教えられました

あなたも好きかも:信奈 スロット 天守閣
カナミだけが私の『好きな人』なんです」「……そっか

やっぱ私じゃ駄目かぁ

ちょっと悔しいかも」 嬉しそうにスノウの拒否をラスティアラは聞き届け、とうとう一歩退かされる

あなたも好きかも:パチスロ ミルキィホームズ 中古
 おそらくラスティアラは、もしスノウが自分の魅力の虜になったならば、全力で慰める気はあっただろう

 けれど一方で、そうはならないとも確信していたのがわかる

 スノウならば奮起すると信頼していた

信頼しての誘惑だったのだと、その反応から察することができる

 その力のないラスティアラの反応を見て、スノウは憤慨する

「く、悔しいのはこっちです! 今回、私はラスティアラ様に負けました! 好きな人を取られました……! 正直、凄く悔しいです……! 悔しいけど――」 その憤慨は長く続かず、最後には弱々しいものとなった

 おそらく、それはスノウの本音だろう

「けど、正直、薄々とこうなるとも覚悟してました……

随分前から、カナミはラスティアラ様が好きだって知ってましたから……」 ラスティアラに対して言葉を飾ることはないと、自分の弱さも何もかもを曝け出す