パチンコ ポップコーン ボーダー

パチンコ ポップコーン ボーダー

これで相手に内容を察しろというのは情報なしでは難しいだろう

「あいつも苦労してるみたいだな

本人はありがたいって言ってたけど」いつも通り購買部から少し離れたベンチの一角

文が人避けの魔術を発動した状態で行われる公然とした密談

いつも通りの流れでもはや先輩の魔術師でさえ康太たちの動向を気にかけることは無くなりつつあった

「まぁそうでしょうね・・・あぁいう人たちからすれば今の環境はかなり恵まれている方だもの・・・それであんたは?これからも師匠の所に来るんでしょ?」「そのつもりだけど・・・なんか不都合あるか?」「特にないけど・・・まぁあんたの所の師匠の面倒がいつやってくるのかってのが一番の問題よね・・・せめて時期がわかればいいんだけど・・・」「そんなもんがわかれば苦労はねえよ・・・まぁ何も起こらないのが一番だ」「まぁそれも無理でしょうけどね」康太も文も、この夏になにも問題が起きないということはあり得ないとにらんでいるようだった

実際に問題が発生してからでなければ動けないというのもあるのだが、その時間と場所がいつどこになるのかもわかっていないというのはなかなかに苦痛である

ある程度予定を立てている側としてはある程度予測できればいいのだが、生憎とそんなに簡単な話ではないのだ

あなたも好きかも:パチスロ 後悔
「でも別にお前が巻き込まれることはないんだぞ?いろいろ理由を付けておけば大丈夫だろ」「私を巻き込むのは勘弁してほしいんだけどね・・・うちの師匠から康太について行けって言われてるからどうしようもないのよ

あなたも好きかも:スロット 1時間 何回転
私もあんたと一緒に巻き込まれる以外に選択肢がないの」「あの人も結構スパルタだよなぁ・・・お前にだけか?」「逆よ、師匠自身がスパルタにできないからあんたと一緒に行動させるの

あなたも好きかも:ぱちんこ ジョジョ
あんたの所の師匠ならまず間違いなく厳しい指導を受けさせるだろうって感じで」厳しい指導などというのは容易いが、小百合のそれは厳しいというよりは危険という方が正しい方法での訓練が多い

それが実戦ともなれば訓練とは一線を画すほどの危険性になる

以前康太はその実戦で死にかけた

魔術師に負け、いつ殺されてもおかしくなかった

あの時は真理が到着するまでの時間稼ぎだったからこそ命をつないでいるが状況がまた一つ異なればどうなっていたかは分からない

「でもわざわざ実戦を経験しなくても師匠との訓練で十分じゃないか?あの人ほぼ毎回実戦みたいなことしてるわけだし」「そうでもないわよ

あんたは私に比べれば結構実戦を経験してきてるから分からないかもだけど、やっぱり訓練と実戦は違うわ

一歩間違えれば死ぬっていう緊張感の中でどれだけ自分を保てるか

経験しているか否かで大きく変わるわ」少なくとも私はまだないのよといいながら文は小さくため息を吐く