スロット 最新機種 万枚

スロット 最新機種 万枚

やはり信仰に紐付く好意なだけに、損なわれると思えば正しさに背くような気分にもなる

「それは困ります!では、あの方の為に涙を堪えてその場は身を引き、市販の転移門を買ってディノの傷薬を無人配達します」「……絶対に見過ごしはしないのか」「どんな手で籠絡されたんだ……」不思議そうにする魔物達に、ネアは首を傾げた

「見ず知らずの方に親切にされたのです

一度めは忠告を、二度めは獣から守って下さいました

好感を持つのは不自然でしょうか?」「うーん、それが純然たる好意だけであればな」「なわけないだろ」「アルテアさんは、捻くれていますね」「お前はその甘さで、いつか足を取られるぞ?」「私とて、あの時はという前提付きの好意だと思っていますよ?でも、世の中にはそういう不思議な幸運もあるものです

私は多分、その特別さが嬉しかったから、あの方が好きなんだと思います」やっと好意の質が腑に落ちて、笑顔で頷いたネアに、ウィリアムが重々しく両肩に手を置いた

「………ウィリアムさん?」「くれぐれも、今のことをシルハーンには言わないように」「獣との邂逅を喜ぶのも無しなのでしょうか?」「獣?……いや、まぁ難しいだろうな

人型をしている以上、シルハーンは嫌がるだろう」「………そう言えば、森のどんぐりにも嫉妬しましたね」「森のどんぐり?」「ええ

森の賢者と呼ばれる魔物だそうです」「ああ、森の賢者か

あなたも好きかも:アナザー パチンコ 保留
なら仕方ないだろう

あなたも好きかも:打ち子とは
あれは、人間にも魔物にもたいそう持て囃される色男だからな」普通にアルテアも頷いたので、ネアは一度食事の手を止めて座り直した

「突然に、お二人の常識がわからなくなりました