ウィッチクラフト スロット 天井

ウィッチクラフト スロット 天井

俺は、セイや山根たちが戻ってくる地点を確保するためにここを動くわけにもいけないのでメイリンと、島中央の緑に包まれた山を見上げる

「生き物の気配しないよな?」鳥の鳴き声なども一切しない

あなたも好きかも:プロジェクションマッピング スロット
背後の海から砂浜に打ち寄せる波の音と、風が木々を揺らす音のみである

「いえ、感じられませんね……」「おかしいな……鳥くらいは飛んでるはずだろ……」足元の砂浜にも、まったく生き物が居る気配がない

とりあえず、メイリンと共に、近くにシートを敷いて座り皆の帰還を待つことにした

何となく寒くなってきたのでリュックの中からレインコートを取り出して着込む

二人でフードまで被って、隣り合って不気味な島を座ったまま眺める

「イェンガ島って言ったよな

ほんとに 有名な島じゃないの?」「ええ

間違いないと思います

 以前に、この島のことを聞いたことはありません」「生き物の気配がしないし、恨乱雲が立ち込めているしで 嫌な予感しかしないんだが……」「そうですね……でも、皆さんお強いですから 私は心配していませんよ」「うん……」身の安全と言うより、嫌な光景を見ることになるんじゃないかとかナ・ズマークの時みたいに冥界まで引きずり込まれるんじゃないかと言った方の不安が強いが、言わないことにする

あなたも好きかも:南国育ち スロット 打ち方
メイリンをわざわざ不安にさせても仕方ない

待っていると、戻ってきたセイたちが近くに降り立った

「何にも無かったぞ」と言うセイと、胸元から顔を出して首を横に振るナンスナーに「洞窟も建物も無いのか?」「うん

空から見た感じ、森と山しかないぞここ」「そうか……」「姉様、これをスカートの中にお履きください

 温かいですよ」メイリンはリュックの中から桃色のレギンスのようなものをセイに渡して履かせている

「さすが妹だ

ダサい服もちょっとマシになったな」機能性や、ファッション性の向上ではなくただのパンチラ防止のためだということをセイはまったく気付いていないらしい

「ヤマネさんたち、遅いですね」「セイ様、運動したし、おやつ食べたいぞ